レディー

着物の魅力を徹底追求しましょう|綺麗に着こなす術

和服の一種なのです

後ろ姿

和服の一種としての羽織ものの中でも半纏は、手入れが楽で祭りなどに着る機会が多いです。半纏は職人階級や大店に勤務する者達にとっては、正装のような扱いになります。現代では祭りに着る他には、室内用の防寒着としての役割もあるのです。

詳しく見る

成人式は和装で

笑顔の女性

大阪の成人式でも、振袖スタイルでは非常に人気があります。購入する方法もありますが、レンタルを利用するという場合には成人式の日は重なってしまうのではやめにおさえておいたり、全国の店舗から宅配レンタルを利用するという方法もあります。

詳しく見る

メリットを確認

足元

振袖を購入する場所やレンタル可能な場所は大阪にたくさんあります。どの場所を選べばいいか迷った時には、ホームページや口コミなどを確認して選ぶようにすると良いでしょう。インターネットでは総合して評価しているサイトもあるので、参考になります。

詳しく見る

伝統的な服

親子

オーダーは納期に注意

日本の祭りなどで多く使われている定番の衣装半纏は、オーダーメイドで制作してもらえるのです。これは専用のショップが存在しており、ここでオリジナルの商品を作ってもらえます。ちなみに半纏には自身で用意したオリジナルグラフィックをプリントしてもらうこともできるので、利用してみるといいでしょう。その際には注意することがあって、それは納期というものの存在です。サービスではセミオーダーとフルオーダーがあります。どちらを選択するのかによって大きく納期が変化するのです。セミオーダーの場合は業者や発注数によりますが、だいたい7日くらいと見ておくといいでしょう。一方フルオーダーは完全オリジナルなので10日くらいかかります。

お祭りに使えるから人気

半纏は特にお祭りなどのイベントで多く使われているもので、みこしを担ぐ時などに非常に使われます。腰くらいの丈や膝くらいの丈の長さが一般的であり、羽織って着用するのです。また袖などにはテーラードのような折り返しがなく胸にも紐などが付いていないため、サッと羽織って着ることになります。もともとの発端は武士が家紋を入れた半纏を着たのが始まりです。表記については半被などとも呼ばれています。日本の伝統行事などには欠かすことができない衣装なので多くの方に人気があるのです。各地域の祭りにとって必要になるものであり、他にも伝統文化を商売にしているお店では仕事着としても使われています。半纏は現代社会でも結構需要のある衣装なのです。

女性は着物

着物を購入する際には高い価格に躊躇してしまう人も多いでしょう。しかし、最近はリーズナブルな料金の着物も出てきています。インターネットのサイトでも多く紹介されているので一度目を通してみましょう。